2018年03月18日

ステンドグラス 武蔵野工房 打合せ

八潮市H邸のリビングと玄関ホールにステンドグラスを取り付ける予定です。
本日はI様ご夫妻と、ステンドグラス製作の武蔵野工房http://www.musashino-kb.com/にデザイン依頼の打合せに行ってきました。H様が飼っていらっしゃる(一部、いた)猫5匹をモチーフにしたデザインをオーダーしました。
いろいろな作品事例や多様なガラス・鉛の材料などを見せて頂きました。大変興味深いものです。ハマると奥がものすごく深そうです(笑)
設計事務所勤務時代に担当した宮崎県立看護大学教員宿舎の玄関ドア、一昨年の横須賀O邸リフォームhttp://atelier-glocal.com/works/1691.htmlの屋内建具に続いて、ステンドグラスを建物に組み込む取り組みは3回目です。どのような提案が出てくるか楽しみです。来週火曜日に現地に下見に来てもらうことになりました。

IMG_5062.JPG

IMG_5073.JPG IMG_5084.JPG

IMG_5072.JPG IMG_5092.JPG

IMG_5077.JPG IMG_5123.JPG

IMG_5128.JPG IMG_5109.JPG

IMG_5125.JPG
posted by GLOCAL ken-u at 18:05 | Comment(0) | 八潮市H邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

USMショールーム&ASJ建築家相談会

一昨日(金)、昨日(土)の二日間にわたって、東京丸の内でASJ建築家相談会というイベントに参加しました。
イベント自体はボチボチの結果だったのですが、イベントの一環で参加した、近くにあるUSMモジュラーファニチャーのショールーム見学会はなかなか有意義なものでした。
ハラーというスイスの建築家が1965年に考案した、世界的に有名な家具=USMハラー(https://www.usm.com/ja-jp/zhi-pin/product-lines/usm-haller/usm-haller-at-home/)を展示しているショールームです。
グリッドモジュールによるシステマティックな展開性が特徴の家具(収納、テーブル、ボード、パーティションなど)です。お値段はかなりお高いのですが、ボール状のジョイント金物や、カラフルなパネルなどとても美しいです。発売から50年以上を経た現在も、ほぼ当初のデザインのまま、スイスで生産を続けているとのことです。NYメトロポリタン美術館のパーマネントコレクションにもなっているそうです。
当初はオフィス家具としての需要が多かったそうですが、最近は住宅家具としての採用も多いとのこと、メタリックでモダンなデザインのハラー家具が、木質系のクラシカルな住宅に置かれている事例写真を見ると、そのコントラストがかえって魅力的です。スイスの確かなモノづくりの伝統を感じました。
帰りに綺麗なった東京駅丸の内側の広場を初めて見ました。こちらもなかなか素敵でした。

DSC_0366.JPG
ASJ東京cell 建築相談会

DSC_0364.JPG DSC_0365.JPG  
USMハラー

DSC_0361.JPG
東京駅 美しいです



posted by GLOCAL ken-u at 17:29 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

フキノトウ、木製彼岸花、、、

杉並区I邸トップライトのカーテン製作の打合せに郡山に行ってきました。東京で設計事務所もお施主様もいろいろあたってみても製作を受けてくれる業者さんが見つからなかったので、伝手を辿ってやっと見つけた方です。普段からサンゲツなど大手カーテンメーカーから特殊加工の縫製を依頼されたりする方だということがお会いしてみてわかり、結果的にたいへんよい方に出会えたようです。諸々打合せをして月内に納品して頂くことになりました。
帰りに、以前設計監理させて頂いた「郡山I邸」http://atelier-glocal.com/works/1305.htmlに伺ってきました。建て主のI様(奥さま)が今回のカーテン屋さんを紹介して下さいました。お礼をお伝えするために寄らせて頂いたのに、逆にすごいお土産=山盛りのフキノトウを頂いてしまいました(汗)しかも、お邪魔している最中に揚げたての天ぷらのフキノトウまでご馳走になってしまいました。 めちゃくちゃおいしい!春の香りいっぱいです。このフキノトウはI様(ご主人さま)が午前中に山で摂って来てくださった、それもわざわざ私のために・・・のだそうです。 本当に感謝!恐縮です。 
さて、I様に面白いものを見せて頂きました。カンナ屑(クズ)で作った「木製の彼岸花」です。郡山一帯では、昔は春のお彼岸の頃には生花を入手するのが難しかったため、このような木製の彼岸花をお墓に飾る習慣があるそうです。なんとスーパーやホームセンターにたくさん売っているのだそうです。
 I邸は、冬の間は寒さを避けるためにご趣味の植木類を居間の横の土間空間に入れることを想定した設計になっているのですが、まさに計画通りの使われ方をされており、とてもうれしくなってしまいました。来週には外に出す予定だそうです。

IMG_5057.jpg  IMG_5058.jpg

IMG_5054.jpg  IMG_5048.jpg

IMG_5045.jpg  IMG_5049.jpg

IMG_5055.jpg
posted by GLOCAL ken-u at 07:13 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

杉並区I邸リフォームを弊社HP/Worksに掲載いたしました

杉並区I邸リフォームを弊社HP/Worksに掲載いたしました。
ご覧になっていただけますと幸いです。

momoi01.jpg
posted by GLOCAL ken-u at 12:17 | Comment(0) | 杉並区I邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cafe杜のテラス(明治神宮)

明治神宮の森で「ルリビタキ」がよく見られるらしいというバードウォッチングおたくの息子に連れられて、半日仕事を休みにして家族で明治神宮に行ってみました。残念ながら「ルリビタキ」にはお目にかかれませんでしたが、とっても素敵な建物に出会ってしまいました。入口の鳥居の前に建つ「cafe杜のテラス」です。木の架構をそのままあらわしたスケルトン建築で、外から見ても、中に入ってみてもとにかく美しい建物です。周囲の緑や行き交う人の賑わいがガラス越しに建物の中にまで入り込んでくる透明感がたまらなく素敵です。着座して少し落ち着いて建物の細部を見てゆくと、余計なものをそぎ落としたシンプルな木組みや繊細な表情の木壁など、丁寧に作り上げられたディテールがあってこその心地よい空間なのだということがじわじわと実感されます。
あとでネットで調べると昨年1月にリニューアルオープンしたらしく、設計はオークヴィレッジ木造建築研究所です。家具で有名なあのオークヴィレッジの建築部門です。 素晴らしい建物です。感動いたしました!

DSC_0481.jpg

DSC_0475.jpg


DSC_0501.jpg

DSC_0531.jpg

DSC_0497.jpg


DSC_0494.jpg  DSC_0524.jpg

DSC_0493.jpg


明治神宮の境内には素晴らしい空間がたくさんあるのですね。
DSC_0509.jpg

DSC_0511.jpg
続きを読む
posted by GLOCAL ken-u at 04:10 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする