2019年04月07日

富岡製糸場

昨年の11月のことですが・・・、東御市S邸現場監理の帰りに富岡製糸場に行ってみました。
日本の近代産業発祥地として世界遺産に登録されています。
明治初期、国内に重工業産業などなかった日本は、全国の農家に養蚕を奨励して、絹糸を生産して輸出することで、少しづつ少しづつ国力を高めていったそうです。坂の上の雲(司馬遼太郎)に、日本中の農家で蚕を飼って、絹糸を紡いで稼いだ微々たるお金の大部分を軍艦などの購入費に充てて、やっとのことで作り上げた近代的軍隊が富国強兵策の実態だったのだというようなことが書いてあった記憶がありますが、富岡製糸場を見学してみてそのことが実感できました。細い細い絹糸をそっと取り出して製糸する繊細な工業が近代産業のはじめの一歩だったのです。製糸工場だけでなく、蚕を生産するための農家の屋根裏の建築方法や、蚕を工場に集めたり、出来上がった絹糸を港(横浜とか)まで運ぶ鉄道網の整備など、全体のシステムが稼働して初めて産業が成立することもよく理解できました。
今度は、輸送システムの難所であった碓氷峠の鉄道遺産(レンガのアーチ橋とか、アプト式登坂システムなど)も見学に行きたいな〜っと思いました。

IMG_1065.jpeg
農家から集めた繭を保管していた長大な倉庫。天気の良い日は大きな扉を開けて倉庫内の通気乾燥をしたそうで、建物外観の特徴にもなっている

IMG_1045.jpeg
倉庫内部 トラス架構や大きな観音扉窓(ガラスなし)が印象的

IMG_1056.jpeg
製紙機械棟 1980年代まで稼働していた とても繊細な機械システム

IMG_1050.jpeg
初期の製紙機械を動かすための蒸気式エンジン(カッコいい!)

IMG_1052.jpeg
蒸気エンジンを動かすために大量の水をお湯にして蒸気をつくり出すための貯水タンク
水圧によってタンクを自立させるので、外郭の鉄板はすごく薄くても大丈夫なのだそう

IMG_1062.jpeg
女工さんたちの寮、周囲の山並みの並びになぞらえて、妙義棟、浅間棟、榛名棟という名前が付いているのが面白い
全国から集まった女工さんは、かなりのエリートで、製糸工業の技術を習得してそれぞれの地元に持ち帰える重要な役割をもった優秀なエンジニアでもあったそうです


posted by GLOCAL ken-u at 18:35 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

千住博展

4A2FEBD0-D5A7-4322-97AD-82B6AEB7550D.jpeg

6361054F-61BB-4A37-B47F-22BFEC92DA1E.jpeg

横浜そごう美術館で開催中の千住博展、良かったです!
自然の素材と自然の力(重力とか)を活かして自然の情景を描く手法によって、情景の奥にある本質が見事に描き出されています。とてもよい体験でした。
posted by GLOCAL ken-u at 08:17 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

ワークショップ「えねこやをひらく」に参加しました

 4月21日(土)に、ワークショップ「えねこやをひらく」に参加させて頂きました。建築・設計プロデュース会社のコンペなどで何回かご一緒させて頂いたことのある建築家の六曜舎・湯浅さんをはじめ何人かの仲間の方々が、電力会社の電気に頼らないで太陽光発電と蓄電池を組み合わせたシステムによる電力自立=オフグリッド(っと言うそうです。今回初めて知りました)を目指して、湯浅さんのご自宅の隣の空き家をリフォームして作った建物(=設計事務所六曜舎の事務所であり、将来住宅としても利用可能であり、地域の人々がいろんなことに使えて集える場所でもある・・・)=「建物名称:えねこや六曜舎」で実証実験をしながら、オフグリッドの仕組みを社会に広めてゆこうという、とても素晴らしいビジョンの活動の一環で、「えねこやを広めてゆくには、当面どのような建物の活用法や活動が考えられるのか??」、とりあえずワークショップ形式でアイディア大募集っ!っといワークショップでした。 同業者が参加してもいいのかな〜っと恐る恐る参加希望してみたのですが、たいへん親切にフランクに仲間に入れて頂き、ワークショップに参加することで、とっても自分も元気になれる刺激を一杯頂きました。10数名の参加者でしたが、主婦友の方、次世代アレルギー(=低周波アレルギー)をきっかけに電気モーターに影響されない住宅を探している方、有機農方を実践している方、建築学科の学生さんなどなど、多様な方々が集まっていて、普段一人ぼっちで仕事をしていることが多い私にはすごく新鮮でした。皆さん、それぞれにいろんなことを考えているし、根っこではどこか共感できるような、バラバラだけど、ちょっと連続している感じが「いい」です。
 また、えねこや六曜舎の建物そのものを見学したいという下心も満々にあったのですが、思いっきり期待以上の素敵な建物を見学し体験させて頂くが出来ました。50u程度の小さな建物(しかも空き家のリフォーム)なのですが、だから「えね【小屋(こや)】」なのでしょうが、その適度な大きさというか狭さがたまらなく心地よかったです。やはり建物は広けりゃいいってものじゃないのだと改めて納得しました。小さくても広がりを感じる空間(縦方向のゆとりや、適切な視線の抜けなどなど)ほど、合理的で快適なものはないと実感しました。だって小さいことは、イコール省エネだし、メンテナンスの負担も大きくないし、親密感は感じられるし、すべてを把握できる安心感はあるし、、、いや〜、いい建物を見学させて頂きました。 技術的にも、電動フォークリフトの水溶性バッテリーを利用した蓄電システムや、電気ファンを使わないペレットストーブや、吹き抜け空間の温熱環境を平準化したり床下に蓄熱したりする熱循環装置や、私たちおじさんが子供のころ近所の屋根にたくさんあった太陽熱温水器の活用などなど、ローテクな私でも視覚的にも理解可能な、身の丈にあった技術をうまく丁寧に組み合わせされていて、素直に共感できる建物でした。ヘーベシーベの木製建具とか、トリプル硝子の樹脂?サッシとか、断熱や気密もすごいんです。
 ワークショップに参加させて頂くことで、自分自身が「刺激」や「活力」や「夢」を感じさせてもらえて、とっても有意義な一日でした。「えねこや」の皆様本当にありがとうございました。楽しかったです。
 理屈ばっかり考えていると先に進まない時には、まずやってみて、それから考える方が、きっといいことあるんだろうな〜っと、明るい気持ちになりました。 素晴らしいっす!

DSC_0403_R.JPG DSC_0399_R.JPG
「えねこや」と「六曜舎自邸」全景 うらやましい〜!

DSC_0395_R.JPG DSC_0396_R.JPG
フォークリフトのバッテリーを利用した蓄電システム
交流コンバーター?? パワコンっぽいもの?? 
換気扇(熱センサー??) 詳細知りた〜い!!!

DSC_0389_R.JPG
HEMSを組み込んだ分電盤 電力需給の「見える化」大切!

電気ファンを使わない     温熱循環装置(私興味津々)
ペレットストーブ(あるんだ〜)

DSC_0390_R.JPG DSC_0393_R.JPG
「え・ネコ屋」黒ネコちゃんが住んでる。姿現さず(🐱黒)



posted by GLOCAL ken-u at 23:01 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。