2019年02月10日

北国街道 海野宿

 ドッグランのある住宅+コテージの現場近くに、海野宿という北国街道の宿場町があります。重要伝統的建造物群保存地区に指定されていて、街道沿いの格子窓や2階の持ち出しなどが特徴の美しい木造建築群が保全されています。明治〜昭和初期には養蚕業も盛んで、非常に繁栄したそうで、立派な「卯建(うだつ)」のある町家が並んでいます。街道沿いから一歩裏側に入ると養蚕小屋や製糸小屋などが中庭を囲んでいます。
 木格子の細部の繰り返しが生み出す繊細な建物の表情は本当に美しいです。蚕から絹糸をつくり海外に輸出して国力を高めようとした殖産興業初期の典型的なモデルを、この一帯の養蚕地帯〜碓氷峠を下るための鉄道遺産〜その先にある富岡製糸場などの一連の産業遺産群に見ることができます。っと言うわけで次回は世界遺産の富岡製糸場です。
IMG_0887.jpg

IMG_0922 (1).jpg

IMG_0901 (1).jpg IMG_0916 (1).jpg

IMG_0946 (1).jpg

IMG_0964.jpg IMG_0931 (1).jpg

IMG_1005.jpg

IMG_1018.jpg
posted by GLOCAL ken-u at 15:41 | Comment(0) | 東御市S邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

東御市S邸 夢のようなプロジェクト始動!

長野県東御市(小諸と上田の中間)で夢のような素敵なプロジェクトが始動します。
事の始まりはお施主様(S様)から届いたメールに添付された素敵なスケッチと敷地の写真です。
こんな面白そうなプロジェクトが本当にあるのか? 何としても関わらせて頂きたい!っと思わず興奮してしまいました。
イメージスケッチ_R.jpg
S様ご自身が描かれたスケッチ
「こりゃ〜、夢のようなプロジェクだ!」(私のはじめの感想)


R.jpg

B西側から東側を見る_R.jpg

@南東から北を見る_R.jpg


S様ご夫妻は横浜から当地に移住し、約600坪の広い敷地に、「ご自宅」と、犬と一緒に泊まれる一組限定の「コテージ」を建設されます。コテージの前には芝生の庭が広がりドッグランが可能です。ご自身も大型犬を2頭飼っていらっしゃいます。またこの一帯にはブドウ畑・ワイナリーや有名なチーズ工房などが点在し、宿泊客はこれらの施設を巡ってワインや食事などを楽しむこともできます。当敷地の一部にも小さな自家ブドウ畑や菜園を設ける計画です。南に面した斜面地からは八ヶ岳や穂高岳〜白馬までの北アルプス全貌の大パノラマが望めます。
 来春のコテージ開業を目指して、まずはご自宅(=母屋)を5月に着工すべく、設計→見積調整作業・各種申請手続きなどを進めている段階です。
 敷地の一部には、相当な量の大きな石が存在します。浅間山麓のこの一帯ではこのような石を積んでひな壇状に土地を造成することが昔から行われていて、「巨石積み」と呼ばれています。今回のプロジェクトでも建築工事に先立ち、巨石積みを行い、建物建設用の平場やドックランヤードを造成します。4月中旬には石積み工事が始まります。
 「Lustic Modern」というデザインスタイルをキーワードに、母屋・コテージともに、木や石の素材感や、DIYなどによる手作り感覚にこだわった家づくりを目指しています。この「Lustic Modern」については目下勉強中でして、おいおい解説などもしてゆきたいと思います。
 これから約1年、超えねばならないハードルもたくさんありますが、プロジェクトの進捗状況をブログでご報告させて頂きたいと思います。


3980_R.JPG

3981_R.JPG

3982_R.JPG

3988_R.JPG

3986_R.JPG


配置スケッチ171116_R.jpg

コテージ外観180131(着色)_R.jpg

母屋20171009_R.jpg

コテージスケッチA171116_R.jpg

敷地内には竹やぶや泉もあって、まるで桃源郷です。

IMG_5324_R.JPG
今年は春の訪れがとっても早いそうです。
敷地内に転がる石を利用して「巨石積み」の造成を行います。

IMG_5289_R.JPG
すぐ近くの有名なチーズ工房:アトリエ・ド・フロマージュ

DSC_0292_R.JPG
北アルプス全体が一望できます。八ヶ岳も一望できます




posted by GLOCAL ken-u at 20:14 | Comment(0) | 東御市S邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする