2020年02月07日

東御市S邸コテージ:G&G もうすぐオープン 

久しぶりに東御市S様邸におじゃましてきました。
昨春にお引き渡しをしてから約1年、ドッグラン付コテージとご自宅のDIYが着々と進み、コテージの開業許可も取得して、いよいよ今春オープン予定とのことです。
海外経験の豊富なS様ご夫妻は、家づくりはできるところは自分で作るものというタフな感覚をお持ちで、外構のドッグラン用の膨大な長さの柵やウッドデッキ、内装壁のペンキ塗りやタイル貼り、コテージのベッドやキッチン、さらには引き戸までDIYです。そして抜群にセンスの良い出来栄えです。
本日は、これから製作するコテージの南側のウッドデッキ上部のパーゴラの作り方のご相談などをいたしました。
コテージオープン後の、新緑の季節に写真撮影をさせて頂くお願いしておりますので、その時に内容のご紹介をさせて頂きたいと思います。

昨春の引き渡しに間に合わなかったクッキングストーブ(HETA ノルン soapstone+oven https://www.firesidestove.com/products/stoves/norn.html)を拝見しました。とてもカッコいいです。毎日のように料理に使われて大活躍のようです。次回、実際に火が付いている様子を見せて頂くのが楽しみです。

2IMG_1776_R - コピー.JPG
ドッグランの芝生、柵、ウッドデッキなどがDIYで出来ています。柵の隣はワイン用に植えたブドウ畑
芝生:Grassとワイングラス:Glassで、コテージ名はG&Gなのです。
南隣りはワイナリー、すぐ近所に有名なチーズ工房:アトリエ・ド・フロマージュがあり、ちょっと車を走らせると雪不足の心配もない湯ノ丸スキー場もあり、天国のようなロケーションです。

IMG_1765_R.jpg
ご自宅のクッキングストーブの様子 ご自宅、コテージとも、とても素敵なインテリアになっていますので、近い将来のご紹介に乞ご期待です。
ちなみに、コテージにはかわいいペレットストーブが付いています。

IMG20200206193018_R.jpg
火が付いている様子の写真をS様が送ってくださいました。いい雰囲気ですね〜
HETAのHPによりますと、「ヒュッゲ(デンマーク語で心地よい時間)」というそうです。






posted by GLOCAL ken-u at 04:22 | Comment(0) | 東御市S邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

東御市S邸 お引き渡し

東御市S邸(住宅+ドッグラン付コテージ) 本日お引き渡しいたしました。
っとはいえ、これからドッグランガーデンの芝貼り、長大な木塀、コテージのウッドデッキ、IKEAキッチンの組み立て、壁塗装、コテージ看板その他たっくさんのDIYが待っている訳で、ある意味今日からスタートでもあるのですが、それでも一区切りです。
はじめにお話を頂いてから1年8カ月ほど経っており、長かったような、あっという間だったような、嬉しいような、あ〜終わっちゃったとちょっと寂しいような・・・・、
でも8月コテージのオープンに向けて、しばらくDIYのお手伝いで現場通いは続きます。

a 216A9646(現像)_R.jpg

b 216A9657(現像)_R.jpg c 216A9846(現像)_R.jpg

0 216A9815(現像)_R.jpg 1 216A9543(現像)_R.jpg

2 216A9572(現像)_R.jpg

3 216A9578(現像)_R.jpg 4 216A9579(現像)_R.jpg

5 216A9688(現像)_R.jpg

8 216A9808(現像)_R.jpg

5 216A9824(現像)_R.jpg 6 216A9833(現像)_R.jpg

7 216A9702(現像)_R.jpg 9 216A9628(現像)_R.jpg  

10 216A9611(現像)_R.jpg 11 216A9610(現像)_R.jpg

12 216A9840(現像)_R.jpg

13 216A9773(現像)_R.jpg

IMG_1235_R.JPG

IMG_3990(現像)_R.jpg

母屋20171009_R.jpg

コテージスケッチA171116_R.jpg

コテージ外観180131(着色)_R.jpg

配置スケッチ171116_R.jpg

イメージスケッチ_R.jpg







posted by GLOCAL ken-u at 02:16 | Comment(0) | 東御市S邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

北国街道 海野宿

 ドッグランのある住宅+コテージの現場近くに、海野宿という北国街道の宿場町があります。重要伝統的建造物群保存地区に指定されていて、街道沿いの格子窓や2階の持ち出しなどが特徴の美しい木造建築群が保全されています。明治〜昭和初期には養蚕業も盛んで、非常に繁栄したそうで、立派な「卯建(うだつ)」のある町家が並んでいます。街道沿いから一歩裏側に入ると養蚕小屋や製糸小屋などが中庭を囲んでいます。
 木格子の細部の繰り返しが生み出す繊細な建物の表情は本当に美しいです。蚕から絹糸をつくり海外に輸出して国力を高めようとした殖産興業初期の典型的なモデルを、この一帯の養蚕地帯〜碓氷峠を下るための鉄道遺産〜その先にある富岡製糸場などの一連の産業遺産群に見ることができます。っと言うわけで次回は世界遺産の富岡製糸場です。
IMG_0887.jpg

IMG_0922 (1).jpg

IMG_0901 (1).jpg IMG_0916 (1).jpg

IMG_0946 (1).jpg

IMG_0964.jpg IMG_0931 (1).jpg

IMG_1005.jpg

IMG_1018.jpg
posted by GLOCAL ken-u at 15:41 | Comment(0) | 東御市S邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。