2015年06月02日

中央林間T邸一年点検

6月1日に中央林間T様邸の一年点検に日本住研担当者と一緒に伺ってきました。プリペットの生垣が1年でグーンと成長していたりして濃い緑に包まれた素敵なお住まいになっていました。建具の調整など細かい問題点を是正させて頂きましたが大きな問題はないとのことで一安心です。 T様今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

02.jpg

03.jpg

04.jpg

05.jpg

06.jpg

08.jpg

09.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg
posted by GLOCAL ken-u at 23:51 | Comment(0) | 大和市中央林間T邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

中央林間T邸 竣工しました

今年は年明けからず〜っとドタバタしていて、ブログの更新をさぼりっぱなしでした。その間に、いくつかの工事が始まったり、建物が完成したりしました。怠け心に無知を打って、これからちょっとづつご紹介してゆこうと思います。
 まずは、中央林間T邸が4月はじめに完成し、無事お引っ越しも終わりました。現場の状況ももっといろいろブログで報告したかったのですが・・・(T様ゴメンナサイ)
とりあえず、昨年12月頃からの工事様子と、完成直後の様子を、ド〜っとご紹介します。
 T邸の外観は、シンプルな片流れ屋根と、南側と西側にぐるっと廻したバルコニーの木の腰壁が特徴です。南側のテラスは大きな円弧の形状になっています・・・工事はたいへんだったようですが、庭に残した樹木に対してちょうどよい感じに張り出しています。
 インテリは、木の素地の色をそのまま活かしたナチュラルでシンプルな色調に統一してあります。フローリングはナラの無垢材のオイル仕上げ、壁はリビングダイニングを中心に珪藻土塗り、吹き抜けを中心に柱や梁を一部あらわしにして木質感を演出しています。和室はT様が探してこられた月桃紙を壁天井に貼ってあり、とても柔らかい落ち着いた空間になっています。まだお引っ越しが終わったばかりなのですが、とても素敵な雰囲気で暮らし始めていらっしゃいます。
 当初からおご要望である、「風の抜ける家」をめざして、吹き抜けを介して南〜北、東〜西、上〜下に風の通り道を計画してありますが、実際にどのような効果があらわれるのか、ちょっとドキドキですが、T様に暮らしてみた実態をおうかがいしながら、今後の設計にも活かしていきたいと思います。

完成写真は、お引っ越しの片付けが一段落した頃に改めて撮影させていただく予定です。(T様どうぞよろしくお願いいたします)

工事中の様子(壁下地⇒断熱材充填⇒壁・床貼り⇒珪藻土塗り壁、屋根に搭載した太陽光発電パネル(ソーラーフロンティア))
IMG_0125.jpg

IMG_0670.jpg

IMG_0745.jpg

IMG_0748.jpg

IMG_0785.jpg

IMG_0780.jpg

IMG_0797.JPG

IMG_0801.jpg

IMG_0804.jpg

完成お引き渡し〜引っ越し2週間
IMG_1099.jpg

IMG_1098.jpg

IMG_1087.jpg

IMG_1088.jpg

IMG_1097.jpg

IMG_1096.jpg

IMG_1046.jpg

IMG_1092.jpg

IMG_1043.jpg

IMG_1023.jpg


IMG_1026.jpg

IMG_1028.jpg

IMG_1034.jpg

IMG_1036.jpg

IMG_1032.jpg

IMG_1038.jpg

IMG_1039.jpg

IMG_1095.jpg

































posted by GLOCAL ken-u at 02:51 | Comment(0) | 大和市中央林間T邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

大和市中央林間T邸が上棟しました

台風の影響で3日ほど延期になりましたが、10月28日に中央林間T邸が無事上棟しました。T様おめでとうございます。
 T邸の工事は、茅ヶ崎市F邸の工事を担当した日本住研にお願いしています。監督さんはじめ、大工さんや鳶さんもF邸と同じメンバーなので、気心が知れていて打ち合わせもスムースで、順調に工事が進んでいます。
 庭の木をできるだけ切らずに移動したりしながら、可能な限り残すようにしてもらっているのが功を奏して、上棟してみると、1階のリビングや2階の吹き抜け越しに、庭に大きな樹木が眺められて、とてもよい感じですし、南隣の教会との緩衝帯としてもよく機能してます。また玄関の前に残した樹木(ん〜、なんの木だっけ・・・)もちょうど道路からの目隠しになっていています。
 T邸は、太陽光パネルを載せる南向きの片流れ屋根と、南面(庭側)と西面(道路側)の全面に設けた長いバルコニーが外観上の大きな特徴ですが、道路からみるとシャープなシルエットが浮かび上がり、なかなか期待が持てそうです。
 現在は、木架構の骨組みの補強金物の取り付け、屋根の防水工事、構造用合板の貼り付けなどの工事が着々と進んでいて、11月末に中間検査(神奈川県のいくつかの自治体は木造2階建ての住宅でも構造安全性を確認するため中間検査を課しています)を受ける予定です。また、太陽光発電パネルの補助金の申請(神奈川県+大和市)の手続きなどもメーカーの協力で進んでいます。お施主様と設計事務所では、建具や住宅設備機器などの選定のためのショールーム巡りなどを進めているところです。白い外壁とアルミ建具のシルバー色と太陽光パネルや屋根の黒のモノトーンな組み合わせに、木製バルコニー(セランカンバツー)のナチュラルな素材感や庭の豊かな緑とがコントラストを成す、シャープだけど自然の素材感もあるモダンにしてナチュラルな外観イメージを目指しています。
 たぶん野生種のサザンカだと思うのですが、2階の主寝室の目の前の大きな木に白い花が一杯に咲いています。来年の秋には寝室から素敵な眺めが楽しめそうです。それにしても大きなサザンカの木です。さすがに昔からここにお住まいのT様の奥様のおばあ様が長年お庭を大切に育てこられた結果だと思います。お庭を使わせてもらってお孫さん家族の新居を造るに際して、このような素敵な緑の環境をできる限り継承してゆく事は家づくりにおける大切なポイントのひとつだとこの花を見ていてつくづく思いました。
 そして、職人さんのみならず、現場に打ち合わせに来るメーカの方々や私たち設計事務所にまで毎回お茶やお菓子を出して下さる、おばあ様に本当に感謝です。

IMG_9720.jpg

IMG_9817.jpg

IMG_9743.jpg

IMG_9818.jpg

IMG_0294.jpg

IMG_0297.jpg

IMG_9889.jpg IMG_9896.jpg












posted by GLOCAL ken-u at 20:58 | Comment(0) | 大和市中央林間T邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする