2013年02月18日

伊那市K様邸リフォーム:竣工写真を撮影させていただきました

前回のブログに引き続き竣工写真撮影のご報告です。
1月26日に昨年秋に完成した長野県伊那市K様邸リフォームの竣工写真を撮影させていただきました。
撮影に先立ち事前に温湿度データーロガーを送らせて頂いて、リフォーム後の冬の室内の温熱環境のデーターを10日間ほど採取させて頂きました。昨年の冬の同時期にもリフォーム前のお住まいで同様のデーターを採取させて頂いておりましたので、リフォーム前後の室内の温熱環境の変化を定量的に比較することができました。その結果は、リフォーム前は暖房を入れているときは、暖房を入れている部屋だけはかなり高温(20度以上)になり、暖房を止めるとすぐに7〜8度に下がってしまったり、暖房の入っていない廊下や浴室脱衣室などは常に10度以下であり、温かい部屋から廊下や浴室に移動すると急激な温度変化(ヒートショック)が顕著の表れるのに対して、リフォーム後は家全体がほぼ17〜20度程度に時間的にも空間的にも安定していることがよくわかる結果となりました。今回のリフォームのテーマは、「温かくて明るい家+耐震性能の向上」でしたので、まずは一安心の結果となりました。K様ご家族の実感としても、すごく快適になったとのことで、喜んで頂け嬉しい限りです。
また、もうひとつのテーマである、明るい家(リフォーム前はとにかく1階が暗かった)についても、南側の光が家の奥まで届くように間仕切りをなくしたワンルーム空間としたことによって、大変明るい家になりました。そして白い石目調の床材を選定したことも家全体の明るさに大きく影響しているようです。
耐震性能の向上いついては、工事中のブログので繰り返しご説明したように、集成材+金物仕口+鉄筋コンクリート基礎梁による門型フレームを導入したことによって、建築基準法の約1.5倍の耐震壁量を確保することで、1階の間仕切り壁をなくしつつも耐震性能の向上を図っています。
 撮影に向かう中央高速は、昨年末の笹子トンネルの事故の補修工事が行われており、事故の大きさを改めて実感させられました。犠牲者の方々のご冥福をお祈りするとともに、頻繁に利用する道路だけに他人事ではないのだと思いました。社会インフラの老朽化対策はこれからの日本にとって大変重要な課題であり、転じて小さな建築を主に扱う私自身にとっても、K邸リフォームのような案件において、単に見栄えのするリフォームでなく、安全性や耐久性、快適性、省エネルギー性などの基本的な性能を維持向上するように真剣に取り組む責務があることを改めて考えさせられました。

久保村邸01.jpg

久保村邸25.jpg

久保村邸15.jpg

久保村邸10.jpg

IMG_2211.jpg




posted by GLOCAL ken-u at 12:22| Comment(0) | 長野県伊那市K邸リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

伊那市K邸リフォーム竣工です

伊那市K邸リフォームもブログをさぼっている間に、竣工いたしました。ブログはさぼっても現場には2週間おきに通っていました。またK様の奥様が外構・門塀などの選定のため東京のショールームにいらっしゃるなど東京でもお打ち合わせをさせて頂きました。
前回のブログでは、門型フレームによる構造補強の様子のご紹介でしたが、その後、断熱材の全面的な入れ替え・追加などの断熱補強を行った上で仕上げに工事が行われました。
インテリアに関しては、とにかく明るい室内、特にこれまで薄暗かった1階を明るい空間に変身させることが大テーマです。今回は、マレーシアや中国のマンションに海外赴任で居住した経験から、奥様のご要望で床をフローリングではなく白い大理石調のタイルシートにすることで、南側の光が部屋の奥まで反射しながら届くようになりました。これとダークグレーの木質材のコントラストがすっきりした空間を演出しています。花壇のビフォアーの写真と見比べてみてください。これはなかなかの激変です。1階の撮影を終わったところで、カメラの三脚を倒してしまって、レンズが真っ二つに壊れてしまって、今回の撮影は2階と外回りはなしです(悲)
次回、家具の入った様子と合わせて2階、外回りの撮影をさせて頂こうと思っています。また、だんだん寒い季節が近づいてきますが、断熱改修が想定通りの性能を発揮できているか、温湿度データーロガーを冬になったらしばらく設置させていただいて客観データーの採取御してみたいと思います。

IMG_6255.jpg

IMG_6259.jpg

IMG_6261.jpg

IMG_6264.jpg

IMG_6265.jpg

IMG_6269.jpg

IMG_6272.jpg

IMG_6276.jpg

IMG_6279.jpg

IMG_6284.jpg

IMG_4933.jpg IMG_4945.jpg IMG_4953.jpg IMG_4958.jpg















posted by GLOCAL ken-u at 18:07| Comment(0) | 長野県伊那市K邸リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

門型フレームの設置 ほか工事進捗状況

長野県伊那市K邸の工事進捗状況の報告です。
6月14日 間仕切り壁を大幅に撤去した1階に門型フレームを3構面設置しました。事前の周到な打合わせと基礎補強工事が正確に行われていたことにより、工事はあっけないほど順調に進み、大阪から門型フレームのメーカー担当者が高速バスを乗り継いで現地に到着したときにはフレームの設置工事がすべて終了していたほどでした。
IMG_5794.jpg

IMG_5802.jpg

IMG_5796.jpg

IMG_5804.jpg

P6060002.jpg

P6060001.jpg P6050006.jpg

P6060004.jpg P6120012.jpg

6月27日 12階とも床合板が張られだいぶ内部の雰囲気もわかるようになってきました。
インテリアコーディネートの打ち合わせも進み、1階リビングダイニングの床はフローリングではなく、K様が海外居住でなじみのある大理石調の樹脂タイルを敷くことになりました。従前のお住まいとはガラッと変わった内装になりそうです。またキッチンなどの住設機器類の選定も松本のショールームにご一緒したりしながらかなり決まってきました。
IMG_5848.jpg IMG_5855.jpg

7月11日 内壁の石膏ボードが張られ、室内の空間の形が明確になってきました。リビングの天井には埋め込み式エアコンを追加することになりました。
現在は、室内建具の詳細検討、外構のしつらえの検討などの打ち合わせを進めています。

IMG_6021.jpg IMG_6018.jpg

IMG_6027.jpg












posted by GLOCAL ken-u at 07:35| Comment(0) | 長野県伊那市K邸リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする