2015年08月11日

仙台、塩釜〜東松島、八戸

春から月2回ペースで仙台・塩釜に通っています。
仙台は約20年ぶりです。新幹線も驚くほど速くなり、大宮〜仙台が1時間6分程度で、便利すぎて午後には東京に戻ってきていることが多く、いまひとつ出張気分が味わえないほどです。(笑)

DSC_0156.jpg
(緑色の「はやぶさ」もいいですが、私は2×2列のこじんまりした「こまち」の座席がお気に入りです)

DSC_0139.jpg

DSC_0147.jpg

DSC_0148.jpg
(東北大学のキャンパスをぶらっと散歩してみましたが、さすがは旧帝大、とても立派な環境です)

 今更ですが、今回の仙台通いで初めて仙台メディアテークに行ってみました。建物のデザインの素晴らしさだけでなく、市民の施設として非常に活き活きと使われている様子にとても感動しました。また、震災の記録を丁寧に伝えてゆく活動も続けていてたり、外国人向けの情報発信も行っていて、本当に素晴らしい施設で、繰り返し行ってみています。平日も、休日も、昼も、夜もいい感じなんです。

DSC_0138.jpg

DSC_0113.jpg

DSC_0125.jpg

IMG_1456.jpg DSC_0131.jpg

IMG_1458.jpg


 年末の着工を目指して、塩釜市で住宅の設計のお打ち合わせを続けています。塩釜は初めてなのですが、漁業と造船の街で活気があります。日本酒の浦霞の蔵元でも有名です。・・っなのでこの頃は浦霞ばっかり飲んでいます(笑)
 仙石線沿線は甚大な津波被害を被った地域です。美しい松島の海岸の景色も、ちょっとその先の東松島では大きな被害が出ていて、現在、高台移転宅地の造成が進んでいます。

DSC_0073.jpg

DSC_0070.jpg

DSC_0063.jpg

DSC_0033.jpg

DSC_0031.jpg

 6月には、建築プロデュース会社のイベントで八戸にも行ってきました。一泊二日の短い滞在でしたが、地元の建築家の方に、日本一規模が大きいといわれている港の朝市に連れて行ってもらいました。確かに、人がいるわいるわで大盛況でした。噂の「せんべい汁」も食べてみることができ大満足でした。心残りは、遮光器土偶や合掌土偶などの縄文時代の遺跡や博物館に行けなかったことです。今度行くチャンスがあれば、必ず行かねば!
DSC_0091.jpg

DSC_0090.jpg
(港にはイカ釣り漁船がたくさん泊っています)

DSC_0093.jpg
(左が「せんべい汁」:おいしいです、右が「馬肉汁」:次回食べます)

今度は、塩釜でのお打合せの帰りに石巻に行ってみようと思っています。
9月には盛岡で建築プロデュース会社のイベントに参加する予定です。
posted by GLOCAL ken-u at 22:39 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。