2015年01月13日

加治邸(葉山町)と牧野富太郎記念庭園(練馬区)

正月もだいぶ過ぎてしまいましが明けましておめでとうございます。
昨年末は、ぎっくり腰とインフルエンザで散々なものでしたが、逆に厄を一気に払って、心機一転新しい年を元気に迎えたいと思います。
・・・っといっても、昨年10月からのたまりにたまったブログをいくつか、立て続けにアップいたします。
 まずは、昨年秋に見た素敵な建物を2題。
最初は11月8日(ずいぶん前のことですね〜)の、葉山町の加治邸(設計:遠藤新)を見てきました。当日は北鎌倉K様邸の竣工写真を友人の志岐さんに撮影してもらう予定だったのですが、天気があまり良くなかったので、撮影を途中で切り上げて、K様ご夫妻と志岐さんと私の4人で、ちょうど一般公開中だった加治邸を見学に行ってきました。 ん〜 かっこいいです。昭和3年に竣工したそうなのですが・・・、良かったです。師のFライト風のいかにも遠藤新らしいデザインですが、地形に対する建物の配置(芦屋の山邑邸に似ている)や、地形から連続するような建物内のリズムのある高低差の作り方など、空間のシークエンスがとても素敵(感動!)でした。近代の日本住宅史に詳しい志岐さんや、さらに志岐さんの知人で会場にいらっしゃった加治邸の実測調査などもされている神奈川大学の内田先生などにもお話をうかがえて、ただ見るだけ以上に有意義な見学ができました。

IMG_3262.jpg

IMG_3263.jpg

IMG_3249.jpg

IMG_3236.jpg

IMG_3239.jpg

IMG_3238.jpg

さてもう一つは、自宅の近くにある牧野富太郎記念庭園の中の建物です。日本の植物学者の草分けである牧野富太郎の自邸を記念公園にして、ずっと以前から小さな記念館(資料館)があったのですが、建物の老朽化で最近、内藤廣さんの設計で建て替えられたものです。高知市の牧野富太郎記念館は同じ内藤さんの設計でとても有名で私も是非とも一度訪ねてみたいのですが、こちらも小さな建物ながら、とても好印象の気持ちいよい空間でした。家族と散歩がてらふらっと行ってみたのですが、偶然にも内藤廣さん自らの講演会を開催中で、「入らせて下さい!」っと受付でお願いしたのですが、予約制なので「ダ〜メです」とのことで、ガラス張りの会場の外から恨めしそうに中をのぞいていました(笑・涙)

DSC_0010.jpg

DSC_0031.jpg

DSC_0036.jpg

DSC_0020.jpg

DSC_0013.jpg

DSC_0027.jpg
posted by GLOCAL ken-u at 16:39| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。