2013年02月18日

杉並区F邸着工しました

 本日は新しいプロジェクトの着工のお知らせです。
昨年はじめにご相談を頂き、その後、設計を進めておりました杉並区F様邸が着工しました。
 F邸は1階に親世帯、2階に子世帯が住まわれる、玄関のみ供用の2世帯住宅です。かつて阿佐ヶ谷文士村と呼ばれた、文豪の多く住んだ、古くからの落ち着いた雰囲気の住宅地の中にある現在のお住まいの建て替えです。これまでのお住まいも2世帯住宅で、今回の建て替えにより、世代が引き継がれて、これまで2階に住んでいたご両親が1階に移動して、ご長男夫妻が2階に新たに住まわれることになります。
 比較的コンパクトな敷地に、玄関以外は完全に分離した2世帯住宅を、日当たりや風通しのよい家として計画することが今回のプロジェクトの一番のテーマです。永い間この場所にお住まいのご両親や、ここで育ったご長男は、この敷地の特性を実体験でよく知っておられ、どの位置が日当たりがよいのか、どの位置は西日が強く夏暑いのか、どの位置がよく風が抜けるのか、どこが視線が抜ける眺めのよい向きなのか、などを肌で感じて理解しておられます。あわせて今回は夏と冬に2階にわたって既存住宅に温熱データーロガーを2週間程度づつ設置させて頂き、実感を客観データーで確認することも行いました。(実感を裏付けする明瞭な測定結果が得られました)
 第一種低層住居専用地域の厳しい容積率や高さ制限(第一種高度斜線)などをクリヤーしつつ、空間に広がりを感じる家にするため、建蔽率に含まれない大きな「すのこ状」のウッドデッキ張りのバルコニー(鉄骨)を1階と2階のリビング南側に設けることにしました。室内と連続した屋外空間をできるだけ広く確保することで、室内も実際以上の広がりを感じられる家になればよいとの思いからです。ウッドデッキの材料はある程度の耐久性も考慮してセランカバツー材を選択しました。外観的にも街角に面したこのバルコニーが大きな特徴になると思います。
 2月2日に行われたF様邸の地鎮祭(呼び名が違うかも・・・・)は、カトリックの神父さんが執り行って下さいました。天気にも恵まれ(晴天+小春日和)普段の神主さんによる地鎮祭とは趣の異なる、新鮮ですがすがしい地鎮祭でした。
 現在は鉄筋コンクリートの基礎がほぼできた状況で、一方で、木構造の加工(プレカット)のための図面の作成と確認を行っているところです。上棟は3月7日(木)の予定です。
 F様のご厚意により、これから、工事の進捗状況などをブログでご報告してゆきたいと思います。F様どうぞよろしくお願いいたします。

IMG_1334.jpg

IMG_1335.jpg

CCF20120818_00000.jpg

CCF20120818_00001.jpg

IMG_2221.jpg

IMG_2285.jpg














posted by GLOCAL ken-u at 13:54 | Comment(0) | 杉並区F邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。