2015年02月16日

越谷市A邸リフォーム 珪藻土塗りDIY無事終了しました

越谷市A邸リフォームは2月5〜7日に家族総出で珪藻土塗りDIYを行いました。
壁の面積が多くかつ階段などとの取り合いなどの細かい部分もたくさんあるので、どうなる事かと少し心配でしたが、結果は大成功でした。今回の経験でよくわかったことは壁塗りDIYは冬に実施するのがやりやすいということです。寒くてたいへんかと思っていましたが、体を動かすので寒さの弊害はありません。何よりよいことは水で練った珪藻土が固まりにくく、一度に大量に珪藻土を練ってもゆっくり落ち着いて作業ができることです。夏の盛りに時間と競争しながら壁塗りをするのとは大違いで、とても快適に作業をすることができました。・・・・という訳でこれからはできるだけ冬に壁塗りをしたいと思ったところですが、そんなにうまいことタイミングが合う訳ないですよね・・  秋山様ご家族の皆様、ご苦労さまでした。 楽しかったですね。そしてたいへんよい出来栄えだと思います。
 また、一昨日、外部の足場が外れ建物外観の全体像が見えるようになりました。 ん〜よい感じではありませんか。テラスの木の軒天がとても効いています。
 今週末からは、造園屋さん手配の大工さんがテラスのウッドデッキ(持ち込んだ材料を拝見すると何やら子材ッぽいいい感じの木がたくさん・・・)を作ってくれます。こちらも楽しみです。

IMG_5221.jpg  IMG_5220.jpg

IMG_5223.jpg

IMG_1247.jpg

IMG_1262.jpg

IMG_1259.jpg

IMG_1285.jpg

IMG_1288.jpg

IMG_1267.jpg

IMG_1278.jpg

IMG_1274.jpg

IMG_1275.jpg

IMG_1281.jpg  IMG_1280.jpg

IMG_1279.jpg



posted by GLOCAL ken-u at 14:54| Comment(0) | 越谷市A邸リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

練馬区三原台W邸 上棟一か月が経ちました

練馬区三原台W邸も上棟から一カ月が経ち、こちらも全容が見えてきました。
工程もものすごく順調で、現場監督さんにいつも設計事務所が尻を叩かれています(笑・汗)
2階のルーフバルコニーは本当に日当たりがよく、しかも周囲からのプライバシー性も高くて、すごく居心地のよいスペースになりそうです。

IMG_5216.jpg

IMG_5215.jpg

IMG_4979.jpg

IMG_5210.jpg

IMG_4984.jpg

IMG_4985.jpg
posted by GLOCAL ken-u at 14:19| Comment(0) | 練馬区三原台W邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

郡山市I邸 全容が見えてきました

郡山市I邸は外部の塗装などが終わり外周の囲いが外れて全容が見えてきました。
2週間に1回のペースで現場に通っていますが、年が明けてからはほぼ毎回雪です。やっぱり寒いです。
郡山駅で新幹線「はやぶさ」が雪の中を高速で通過する様子は雪の粉の塊が猛烈なスピードで目の前を通り過ぎてゆき車体など全く見えません。なんとか写真に撮りたいのですが、いつも一瞬の出来事でただ唖然として見ています。(全然話が脱線しちゃいました)
勾配天井の杉板はI様の強いご希望(笑)で、無節の杉板になりました。ん〜確かに美しいです。
来月はいよいよこちらも珪藻土の壁塗りです。

IMG_5195.jpg

IMG_1233.jpg

IMG_1225.jpg

IMG_1226.jpg

IMG_1224.jpg
posted by GLOCAL ken-u at 14:13| Comment(0) | 郡山市I邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

中野区M邸ビル竣工写真

昨年11月に竣工した中野区M邸ビルの竣工写真の一部をアップさせて頂きます。
本件は、ミサワホーム東京より設計監理をアトリエグローカルが受託する形で業務を進めたものです。
M様とは一昨年の夏から設計内容のご相談をさせていただきました。
M邸ビルは、オーナー親子の完全分離の2世帯住宅と賃貸住宅3戸が入る4階建て鉄筋コンクリー造の共同住宅です。
親世帯は1階に玄関があり、4階が住居、2階の一部に納戸があり、これをホームエレベーターでつないでいます。4階には中庭がありエレベーターを降りると正面に中庭が見える仕掛けです。また南側のバルコニーからは新宿の高層ビル群を間近に望むことができ浴室もバルコニーに面していて浴槽から夜景を楽しむことができます。
子世帯は2〜3階に吹き抜けのあるメゾネット形式です。M様がアメリカに留学していらっしゃった際の大学や住居のイメージを反映したアーチ状やスリットの開口や、吹き抜け越しの階段のアイアンワークなどが特徴的な空間を形作っています。
賃貸住宅は1階〜3階に各1戸づつが入っています。対面キッチンのあるリビングダイニングや南面した寝室のある2LDKのゆったりした面積の快適な住宅になっています。
また1階の一部はピロティになっていて自動車2台分の駐車スペースに利用しています。
このように3次元的に入り組んだ住戸構成の上に、敷地形状もL型の変形敷地であり、全体的にかなり複雑な建物ですが、そのことによってたいへん個性的で魅力ある空間が随所にちりばめられた建物になりました。
竣工後3カ月近くが経ちましたが、ようやく道路後退工事に伴う電柱の移設が終了したのを機に外部の竣工写真を撮影しましたので、その一部をアップさせて頂きます。

前田邸06.jpg  前田邸07.jpg

前田邸03.jpg  前田邸05.jpg

親世帯
前田邸23.jpg  前田邸26.jpg

前田邸18.jpg

前田邸31.jpg

前田邸33.jpg  前田邸37.jpg

子世帯
前田邸48.jpg  前田邸46.jpg

前田邸43.jpg  前田邸42.jpg

前田邸45.jpg

前田邸49.jpg 前田邸41.jpg

前田邸52.jpg  前田邸50.jpg

賃貸住宅
前田邸57.jpg

前田邸55.jpg

前田邸58.jpg

ピロティ
前田邸10.jpg

前田邸17.jpg  IMG_0972.jpg

検討模型
IMG_0359.jpg

IMG_0349.jpg

IMG_0348.jpg
posted by GLOCAL ken-u at 19:29| Comment(0) | 中野区M邸ビル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする