2013年11月19日

北鎌倉K邸新築工事が始まります

北鎌倉で新しい住宅新築工事が始まります。
 施主のK様ご夫妻は数年にわたり鎌倉周辺での土地探しをされて、最終的に北鎌倉のこのお土地に巡り合われました。
敷地は北側に建長寺や円覚寺の奥の山並みを一望できる、とても閑静で眺めの良い場所です。そして敷地の北側から西側に沿って湾曲する道路は自動車の通行がほとんどなく(細くて入れない)、北鎌倉の駅までめちゃくちゃ素敵な住宅街を縫って細い道路が続きます。これぞ北鎌倉って感じそのもです。 いや本当に素敵な街並みなんです。
 K邸は住宅といってもちょっと、いや、かなり変則的な構成です。床面積の半分以上を使って、奥様のご趣味の絵画のためのアトリエ兼ギャラリーと仕事柄書籍を膨大に所有する必要のあるご主人様の書斎と防音機能のついたオーディオルーム、そして小さなタイル貼りの中庭を囲むようなサンルームといった、普通の住宅にはあまりない機能の空間群が並びます。そして寝室はミニマルサイズ、リビングダイニングも室面積としてはかなり小ぶりな構成です。一方キッチンは広め。また、庭作りにもかなりのこだわりをお持ちで、先述の小さな中庭が建物に食い込む形で設けられ、そこに楡(ニレ)の木を植える予定です。リビングダイニングは2階にあり小ぶりながら、北側に広がる鎌倉の山並みを一望できる広い屋根付きのバルコニーと連続しています。
 K邸のもう一つの大きな特徴は、スキップフロアになっていることです。道路から法面(斜面)があり、約2m上がったところに宅盤があるので、来客も見込まれるアトリエ兼ギャラリーを道路レベルに近づけるために建物の北半分を半地下状にしています。
 そしてこのスキップ構成にはもう一つ理由があります。それはこの地区が埋蔵文化財包蔵地に指定されており、実際に宅地の下には貝塚を中心とする縄文時代から延々と近世まで続く遺跡が埋まっていることが事前の試掘調査で判明しているので、この斜面に沿って斜めに埋まっている遺跡を傷つけないように建物も斜面に沿って斜めにスキップアップしているということなのです。
 そのほかにも、たとえば収納はできる限り高さ1m以内に設けること、景色を切り取るピクチャウィンドウが点在することなど、なかなかユニークなご要望がたくさんあります。建物全体の雰囲気は、ちょっと昭和レトロな雰囲気を感じつつも、既存のスタイルにはまったものでなく、オリジナリティの高い、普通でないデザインという、これまた難しいリクエストも頂いています。
 11月2日に地鎮祭を行い、いよいよこれから着工にかかるところですが、まだまだこれからもK様ご夫妻と相談を重ね、設計段階から行っている、ギャラリー見学巡り(すっごく勉強になるんです・・)なども継続しながら、オリジナルな空間を見つけ出し、創り出すという、コミュニケイティブかつクリエイティブな作業を重ねてゆく必要があります。
 K様、今後ともよろしくお願いします。

(おまけ)
 敷地の東隣に、雰囲気のある瓦屋根の平屋建ての古民家が建っているのですが、ここをリフォームして、つい最近、おしゃれなレストランが開店しました。地鎮祭当日に、ご挨拶をかねてK様ご夫妻と早速昼食に行ってみました。食通のK様ご夫妻をして、「おいしい!、味にちゃんと主張がある」とのことです。もちろん私は「とってもおいしい」と同感です。そして、オーナーさんは建築家でもあるそうで、内部は鎌倉らしい古民家の雰囲気をそのまま活かしながらも、すっごくおしゃれな雰囲気にリフォーム、いやこういうのはリノベーションっていうのですのね、・・されていました。 
いやいや、食事も建物も素敵なお店でした。ご自宅の隣がこんな素敵なレストランだなんて、いいですね。


P1020874.jpg

IMG_8952.jpg

IMG_8961.jpg

IMG_8982.jpg

IMG_9005.jpg

IMG_9007.jpg

IMG_0128.jpg

IMG_0137.jpg

IMG_0091.jpg

IMG_0122.jpg

IMG_0110.jpg

IMG_0107.jpg

10.jpg 9.jpg

8.jpg

7.jpg

6.jpg

5.jpg

4.jpg

3.jpg

2.jpg


隣の古民家レストランの玄関
R0033109.jpg 



 
posted by GLOCAL ken-u at 23:23 | Comment(0) | 北鎌倉K邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

杉並区F邸の入居後4か月の家具ありの竣工写真

 11月4日に、杉並区F邸にお伺いして、入居後の家具が置いてる状態での竣工写真を撮影させて頂きました。台風の接近で、天気が心配でしたが、少し曇っている光の具合が、却って屋外の緑と室内との連続性がうまく撮影できて良かったようです。
 それにしても、親世帯も子世帯も、ものすごく素敵な雰囲気で暮らしておられて、設計者としてもとても嬉しかったです。建物の色調と家具などの色調がどんぴしゃりです。親世帯のダイニングテーブルなどは新調されているわけではないのですが、時間を経て味わいが出ている家具とのバランスがとてもよい感じでした。一方、子世帯のダイニングテーブルは、さすがにこだわりぬいて九州まで行って購入されただけあって、こちらも造作家具や天井の木板貼りなどとすごくよく調和していました。
 そしてなんといっても、大きなバルコニーと室内との連続性があることで、比較的コンパクトな建物ながら、すごく広がりを感じられたことが嬉しかったです。
 F様、撮影へのご協力ありがとうございました。
 とりあえずは写真の一部をこのブログにアップさせていただきます。

 昨年来、撮りためた竣工写真は5〜6件あるのですが、HPへのアップの作業が全くできず、焦るばかりです。今度の正月休みこそは、怠け者の節句働きで、HPのリニューアルをするぞ〜!・・・・ん〜 不安。

1階親世帯
IMG_9777.jpg

IMG_9773.jpg

IMG_9772.jpg

IMG_9782.jpg

IMG_9779.jpg

2階子世帯
IMG_9790.jpg

IMG_9813.jpg

IMG_9796.jpg

IMG_9798.jpg

IMG_9801.jpg

IMG_9803.jpg

IMG_9815.jpg

IMG_9804.jpg

IMG_9809.jpg


IMG_9805.jpg







posted by GLOCAL ken-u at 21:26 | Comment(0) | 杉並区F邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大和市中央林間T邸が上棟しました

台風の影響で3日ほど延期になりましたが、10月28日に中央林間T邸が無事上棟しました。T様おめでとうございます。
 T邸の工事は、茅ヶ崎市F邸の工事を担当した日本住研にお願いしています。監督さんはじめ、大工さんや鳶さんもF邸と同じメンバーなので、気心が知れていて打ち合わせもスムースで、順調に工事が進んでいます。
 庭の木をできるだけ切らずに移動したりしながら、可能な限り残すようにしてもらっているのが功を奏して、上棟してみると、1階のリビングや2階の吹き抜け越しに、庭に大きな樹木が眺められて、とてもよい感じですし、南隣の教会との緩衝帯としてもよく機能してます。また玄関の前に残した樹木(ん〜、なんの木だっけ・・・)もちょうど道路からの目隠しになっていています。
 T邸は、太陽光パネルを載せる南向きの片流れ屋根と、南面(庭側)と西面(道路側)の全面に設けた長いバルコニーが外観上の大きな特徴ですが、道路からみるとシャープなシルエットが浮かび上がり、なかなか期待が持てそうです。
 現在は、木架構の骨組みの補強金物の取り付け、屋根の防水工事、構造用合板の貼り付けなどの工事が着々と進んでいて、11月末に中間検査(神奈川県のいくつかの自治体は木造2階建ての住宅でも構造安全性を確認するため中間検査を課しています)を受ける予定です。また、太陽光発電パネルの補助金の申請(神奈川県+大和市)の手続きなどもメーカーの協力で進んでいます。お施主様と設計事務所では、建具や住宅設備機器などの選定のためのショールーム巡りなどを進めているところです。白い外壁とアルミ建具のシルバー色と太陽光パネルや屋根の黒のモノトーンな組み合わせに、木製バルコニー(セランカンバツー)のナチュラルな素材感や庭の豊かな緑とがコントラストを成す、シャープだけど自然の素材感もあるモダンにしてナチュラルな外観イメージを目指しています。
 たぶん野生種のサザンカだと思うのですが、2階の主寝室の目の前の大きな木に白い花が一杯に咲いています。来年の秋には寝室から素敵な眺めが楽しめそうです。それにしても大きなサザンカの木です。さすがに昔からここにお住まいのT様の奥様のおばあ様が長年お庭を大切に育てこられた結果だと思います。お庭を使わせてもらってお孫さん家族の新居を造るに際して、このような素敵な緑の環境をできる限り継承してゆく事は家づくりにおける大切なポイントのひとつだとこの花を見ていてつくづく思いました。
 そして、職人さんのみならず、現場に打ち合わせに来るメーカの方々や私たち設計事務所にまで毎回お茶やお菓子を出して下さる、おばあ様に本当に感謝です。

IMG_9720.jpg

IMG_9817.jpg

IMG_9743.jpg

IMG_9818.jpg

IMG_0294.jpg

IMG_0297.jpg

IMG_9889.jpg IMG_9896.jpg












posted by GLOCAL ken-u at 20:58 | Comment(0) | 大和市中央林間T邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする