2013年10月10日

杉並区N邸 上棟しました

杉並区N邸が9月26日に上棟しました。台風の接近が心配されたのですが幸い天気も崩れず無事作業できました。N邸はもともとあった樹木や生け垣をできるだけ残しす計画なため、樹木が障害になって今回新築する建物にクレーンが届かないため、骨組み組み立ては人力で行われました。作業に携わって下さった皆様、ほんとにご苦労様でした。

IMG_9693.jpg

IMG_9696.jpg

IMG_9697.jpg

IMG_9699.jpg

IMG_0263.jpg

IMG_0258.jpg

 この建物は、道路から見たときに、斜めの外壁が松の木越に印象的に見えるように建物の形をデザインしているのですが、立ち上がったシルエット見ると、意図通りの感じになっているようで嬉しいです。また、台形の吹き抜け空間の雰囲気もなかなか良さそうです。
 N邸では、外周部の構造壁を工場加工したパネルをはめ込む方式を工務店さん(平野建設)の提案で試験的に採用しています。このパネル工法の導入の動機は、工務店の現場での工期短縮・省力化にあるのですが、それ以外にも、国産杉材の合板の活用や、工場加工による精度の向上、材料の無駄の削減などいろいろなメリットがありそうです。実際に現場で見てみると、細かい部分での改善の余地などはいろいろありそうですが、設計事務所としても大変興味があり、有効な工法ではないかと感じました。今後、今回の実績を検証しながら、床面や内部壁などにもパネル工法を展開してゆくそうです。

IMG_0285.jpg

IMG_0289.jpg

IMG_0287.jpg

IMG_0290.jpg





posted by GLOCAL ken-u at 12:40| Comment(0) | 杉並区N邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする