2012年09月24日

伊那市K邸リフォーム竣工です

伊那市K邸リフォームもブログをさぼっている間に、竣工いたしました。ブログはさぼっても現場には2週間おきに通っていました。またK様の奥様が外構・門塀などの選定のため東京のショールームにいらっしゃるなど東京でもお打ち合わせをさせて頂きました。
前回のブログでは、門型フレームによる構造補強の様子のご紹介でしたが、その後、断熱材の全面的な入れ替え・追加などの断熱補強を行った上で仕上げに工事が行われました。
インテリアに関しては、とにかく明るい室内、特にこれまで薄暗かった1階を明るい空間に変身させることが大テーマです。今回は、マレーシアや中国のマンションに海外赴任で居住した経験から、奥様のご要望で床をフローリングではなく白い大理石調のタイルシートにすることで、南側の光が部屋の奥まで反射しながら届くようになりました。これとダークグレーの木質材のコントラストがすっきりした空間を演出しています。花壇のビフォアーの写真と見比べてみてください。これはなかなかの激変です。1階の撮影を終わったところで、カメラの三脚を倒してしまって、レンズが真っ二つに壊れてしまって、今回の撮影は2階と外回りはなしです(悲)
次回、家具の入った様子と合わせて2階、外回りの撮影をさせて頂こうと思っています。また、だんだん寒い季節が近づいてきますが、断熱改修が想定通りの性能を発揮できているか、温湿度データーロガーを冬になったらしばらく設置させていただいて客観データーの採取御してみたいと思います。

IMG_6255.jpg

IMG_6259.jpg

IMG_6261.jpg

IMG_6264.jpg

IMG_6265.jpg

IMG_6269.jpg

IMG_6272.jpg

IMG_6276.jpg

IMG_6279.jpg

IMG_6284.jpg

IMG_4933.jpg IMG_4945.jpg IMG_4953.jpg IMG_4958.jpg















posted by GLOCAL ken-u at 18:07 | Comment(0) | 長野県伊那市K邸リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソウルに行ってきました(夏休み)

あっという間に2カ月以上もブログの更新をさぼってしまいました。・・・ということで7月末にさかのぼって、いくつかブログをアップいたします。
はじめは、まったくプライベートなことですが、7月29〜31日に家族でソウルにちょこっと行ってきました。まだ竹島問題などが勃発する前で、とても平穏な(いや忙しい・・)楽しい旅行でした。(よかった)
我が家の息子にとっては初めての海外です。私たち夫婦も久っしぶりの海外でしたし、韓国はトランジットで通過したことはありますが、入国するのは初めてです。
行ってみて感じたことは、本当に日本と兄弟というか、一番近い親戚というか、ほとんど人も街も日本と同じ感じじゃん、(どっちがどっちに似ているというかは立場いろいろでしょうが・・)・・・ということです。もちろん細かく見れば、人も街も食べ物も、とても特注があり、日本とは違うのですが。
今回は3日間だけの短い滞在でしたので、ソウル市内観光ツアーなども利用して効率的に街の要所を見て回って、そのあとは、「食べる!」ことを一番の目的に(妻が)しました。(笑)・・・というわけで、一日目の夕食は王族の宮廷を改装したところで「韓国宮廷料理」(チャングムの世界です)を食べました。最初は、「えっこれだけ・・」っと思っていたら、次から次へと出てくるわ出てくるわで、いや、おいしいし、おなかは一杯になるしで大変良かったのですが、マッコリ(これ大好きです)をたくさん飲んだこともあり、夕食後の歌舞演劇鑑賞は途中で寝てしまって、カメラは落として後で大騒ぎして捜すわで、・・・大変満足+ちょっと反省でした。二日目の昼間は強行スケジュールで、午前中はソウルの中心の宮殿である景福宮[キョンボックン]ツアー(朝食お粥付きを知らずにホテルで朝食を食べてからまた朝食・・)に参加して、午後は伝統家屋訪問ツアーに参加して、昼は屋台でトッポギ等々を食べて、夕食はガイドブックお勧めの焼肉屋に行って・・・っと大忙しの一日でした。景福宮は、李王朝の第一宮殿で、まさにソウルの中心にあって、建物もとても立派で素敵なのですが、建築屋の私として一番興味深かったのは、宮廷に仕える官吏が住まったり勉強した小さな建物の居室でした。有名なオンドル設備が備えてあり、床は和紙のようなものを樹脂?で何層にも塗り重ねたような生成色でつるつるした仕上げになっています。ん〜、これを見たかったのです。(満足満足・日本の茶室などにも通じる質素な空間がよいです) そして、宮殿の瓦屋根の棟に並んだ魔除けの守護神(←呼び名不正確です)や、運気が逃げないように棟瓦を漆喰で塗り固めている様子など、日本とはちょっと違う風情の建物も興味深ったです。午後は、街中の伝統家屋を訪問して、韓国の礼儀作法の基本を教えてもらったり、伝統衣装を着てみるミニツアー(といっても、我が家3人+韓流ドラマ熱烈ファンおばさん2人組の5人だけですが・・)に参加してみました。これがなかなかおもしろく、かつ、伝統衣装を着てのあまりの記念撮影のしつこさにちょっと恥ずかしいのなんので、まあ結構楽しかったのです。その後は、観光地図片手に繁華街(名前忘れちゃいました・・原宿・表参道見たいなところです)をブラブラしてお土産をあさりながら、目的の明洞(ミョンドン)の焼肉屋さんにレッツゴーで、食べて食べて、マッコリを飲んで飲んで、ホテルに帰っておやすみなさいの一日でした。
3日目は、午前中は地図片手に、地下鉄を乗り継いであちこちと街歩きをして、昼食は妻がどうしても食べなくてはならないと言い張っていた蔘鷄湯(サムゲタン、삼계탕)を食べに行きました。黒鶏のサムゲタンを注文したのですが、おいしいのですが、私はちょっとビジュアル的には苦手でした。・・が妻はコラーゲンがたっぷりだとかで、スープの最後の一滴まで食べ・飲み尽くしていました。  ・・・という3日間の駆け足ソウル旅行でした。(あ〜楽しかった)
IMG_0930.jpg  IMG_0936.jpg
宮廷料理

IMG_0967.jpg IMG_0977.jpgIMG_1006.jpg
景福宮[キョンボックン]

IMG_1074.jpg  IMG_1120.jpg

IMG_1152.jpg  IMG_1154.jpg
伝統家屋訪問+伝統衣装体験

IMG_1173.jpg  IMG_1049.jpg
焼肉〜おいしい          李 明博(イ・ミョンバク)大統領の旧住宅:壁を触ると幸運が・・

IMG_1192.jpg  IMG_1194.jpg
街歩き:衛兵の交代式、街中に小川が再生されている

IMG_0927.jpg
完成間近のソウル市役所新庁舎:すげ〜。

IMG_1208.jpg
蔘鷄湯(サムゲタン、삼계탕)
 









posted by GLOCAL ken-u at 16:58 | Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする