2012年05月26日

伊那市K様邸のフルリフォームが着工しています

昨年の5月にご相談を頂き検討を重ねてきた長野県伊那市のK様邸リフォームが4月に着工しました。
K様のご了解を頂き、今後、工事の進捗状況などをブログにアップさせて頂きたいと思います。
 伊那市の中心市街地に建つK様邸は築26年で、南側道路に面した間口が狭く、奥に細長い典型的な町屋形式の白壁と瓦屋根と道路側の木塀が美しいお住まいです。
 K様ご家族は、5年間ご主人様のお仕事でマレーシアと中国にお住まいで、昨年3月に帰国されました。
 K邸の大きな問題点は、両側が建て詰まった街中で、南北に細長い形状の家であるため、1階中央部にあるリビングダイニングキッチンや玄関に日中日が差し込まず暗いことと、とにかく冬が猛烈に寒いことです。
この問題点の解消と、海外生活で慣れ親しんだオープンで広いリビングダイニング空間を実現するために今回のリフォーム計画が始まりました。
 当初は、日照条件を解消するために2階にリビングダイニングキッチン(LDK)を移動する案を検討しましたが、どうしてもLDKのご要望の面積が2階では確保できないことと、夜も人通りのある街中で1階に寝室を配置することに不安感があることなどから、最終的には1階の間仕切りを大幅に取り除いて、広いダイニング+和室(リビング)空間を1階に設ける案に落ち着くことになりました。
 1階の柱を含む間仕切り壁を大幅に取り除くということは、構造的にはたいへん不利な条件なのですが、現況調査をしたところ、現状も有効な筋交などはほとんど入っておらず、いずれにしても大幅な構造補強が必要なことから、今回は「門型フレーム工法」という、大断面の集成材の柱と梁を構成のジョイントで繋ぐことにより壁がなくても有効な耐震力を得ることのできる(ラーメン)フレームを住宅の中央部に3面挿入することで、オープンな間取りと、高い耐震性能を確保するすることにしました。また、外周壁に関してもすべての筋交を新規の太いものに交換し基準を満たした金物で端部を固定する、すべての柱の脚部と頭部の横架材との接合部に耐力計算(N値計算)の基準を満たす緊結金物を設置する、火打ち梁を挿入して床の水平剛性を高めるなど、全面的な構造改修を行うことにしました。さらに門型フレームの下部には、新たに鉄筋コンクリートで地中梁を設け、上部の集成材フレームと一体になるように接続することで高い耐震性能を確保します。
 一方、冬の寒さ対策もK邸リフォームの大きな課題ですので、今回のリフォーム工事では、上記の構造改修とも連動して、外壁の室内側の壁をすべていったん取り除いて古い断熱材(GW10k厚50mm)を取り除き、新規の断熱材(GW24K厚100mm)+気密シートを挿入、これまで断熱材の入っていなかった床下と天井裏にもそれぞれGW32K厚80mm、GW24K厚100mm+気密シートを挿入にし、さらに各部の気流止め措置を行う。さらに窓はガラスをペアガラスに交換、玄関扉を断熱仕様にするなどの、全面的な断熱改修を行うことにしました。そして、断熱改修をした上で、ダイニングとキッチンにはヒートポンプ式温水床暖房、和室(リビング)には堀炬燵を設置する計画にしました。
 現在、建物内部をいったんすべて解体撤去し、門型フレーム下部の地中貼りを打設するところまで工事が進んでいます。来週には、門型フレームの挿入、その他の構造補強の工程に進んでいく予定です。
 以上のような感じで、建物の基本性能を向上するための改修工事は順調に進んでいますが、一方で、内装をどのような雰囲気のデザインしてゆくかは、紆余曲折、色々な悩みがあり、さまざまな検討をお施主様+施工会社(施工会社)+設計事務所で試行錯誤しているところです。 海外生活が長いK様ご家族が慣れ親しんだ生活様式や空間の雰囲気と、今の建物の伝統的な日本家屋の雰囲気(これはこれで、なかなか素敵なのですが・・・)がどうしてもしっくりマッチしない、南側の日差しが部屋の奥まで届くように何らかの工夫をしたい、海外でお住まいだった大理石貼りの床のライフスタイルが気に入っている、などなどの課題をどうやって解決していくのか・・・・、
 現在、試行錯誤の結果、やっと、これならいいかも・・・っという方向性が見えてきたところです。昨日も、見えてきた方向性に沿って、キッチンなどの選定に、K様奥様+施工会社+設計事務所で松本の住設メーカーショールーム行ってきたとこです。このあたりの進捗状況なども、今後ブログでご報告してゆきたいと思っていますので、お楽しみにしてください。
 街並みい調和した素敵な和風の外観は保ちつつ、従来の伝統的和風住宅の雰囲気とはガラッと変わったモダンなイメージのお住まいになるはずです・・・、しなくては・・・、乞ご期待・・・です。

IMG_2578.jpg

IMG_4960.jpg
リフォーム前の様子:素敵な和風の外観、日が入らず暗く寒い室内

IMG_2743.jpg 

IMG_2748.jpg

伊那市久保村邸110913.jpg
幻の2階リビングダイニングキッチン案

ブログ用構造平面.jpg

ブログ用構造断面.jpg

CCF20120526_00001.jpg
スケッチの赤の部分が、門型フレームです

IMG_5500.jpg

IMG_5493.jpg
内部をいったんすべて解体⇒構造補強+断熱改修⇒間取り変更 へと工事が進んで行きます。














posted by GLOCAL ken-u at 13:39| Comment(0) | 長野県伊那市K邸リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

練馬区桜台K邸が着工しました(だいぶ前ですが・・・)

IMG_0070.jpg

IMG_0061.jpg

CCF20120524_00000.jpg

CCF20120524_00002.jpg

もう1カ月以上前になるのですが、4月13日に練馬区桜台K邸が着工いたしました。
お施主様であるK様ご夫妻は、アトリエグローカルの事務所のすぐ近くにお住まいで、昨年夏に、土地探しからのご相談を頂き、先日、地鎮祭・着工を行うことができました。まずはK様おめでとうございます。
K様ご夫妻のご好意によりご了解を頂き、これから工事の進捗状況などをブログでご報告してゆきたいと思います。
K様ご夫妻は、お二人ともピアノがご趣味で、というか趣味のレベルをはるかに超えて、お二人ともがそれぞれ全日本のアマチュアピアノコンクルーで優勝した経験のある、恐るべき音楽家のご夫妻なのです。
土地探しからのご要望の条件は、将来、お母様を呼んで2世帯住宅に増築可能な広さのある敷地であること。閑静な住宅街の中の敷地であること。江古田〜練馬近辺であること。リビングと視覚的に連続したピアノ室があること。お医者様であるご主人が夜帰宅後にピアノの練習をしても近隣に迷惑のかからない防音設備を備えること。風通しや採光の工夫であまり機械設備に頼らずに生活できる室内環境であること。自然素材の質感を感じる空間・・・などなどです。
 土地探しに関しては、アトリエグローカルは本職ではないので、以前からときどき仕事を一緒にさせていただいていて、信頼のおける不動産さんとしてアルネットの森畑さんをK様にご紹介して、土地探しをサポートしてもらうことにしました。 幸運にも、1カ月程度で、条件にうまくあった敷地が江古田の隣の桜台の古い住宅地の中に見つかり、トントン拍子で土地のご購入、建物設計へと進むことができました。
 敷地は100坪を超える大きな敷地を2分割したものですが、行き止まり道路の突き当たりにあるため、それぞれの敷地の一部をそれぞれの自動車の回転スペースとして共用することを条件としているちょっと変則的な敷地なのですが、逆にこのことにより23区内では珍しく60坪を超える広々とした敷地にゆったりと建物が建つ環境を入手することができました。
 共用スペースを除く専用スペースは3角形の変則的な形状なのですが、この敷地形状を逆手に活かして、建物も3角形の平面をもつ特徴的な形態として計画しました。
 また、ピアノ室の防音方式として、建物の一部を鉄筋コンクリートとする、あるいはピアノ室を地下に配置するなどいくつかのパターンを検討しましたが、リビングとの連続性を大切にしたいというご要望を実現するために、今回は、木造の建物の中に、2重構造をもった防音室を挿入して、リビングとはガラス張り防音木製サッシで連続する方法を採用することにしました。
 建物全体は、木造2階建て在来工法ですが、1階が延べ床面積の7割程度を占める構成として、小さな2階を大屋根ですっぽり覆うおおらかな三角屋根のシルエットを計画しました。1階と2階はダイニング上部の吹き抜けでつながり、家全体が一体の空間になっています。ピアノ室はグランドピアノの形状と、敷地形状に沿って、3角形の平面とし、音場の容量を確保するため、他の部屋の床の高さより40cmほど床を下げて部屋の容積を大き目に確保しています。一方隣の和室は床を30cmあげて、下部に収納空間を確保しており、部屋ごとに床高さの異なる変化に富んだ空間構成にしています。2階に設けた浴室・洗面室は、大屋根の小屋裏的な位置に配置し、開口を屋根のトップライト(天窓)から確保することにより、周囲からの視線を気にせずに天窓を空に向かって開放できるように計画しています。その他、太鼓張り障子の引き戸を多用して、各部屋の間で光を通しつつも一定の断熱性能を確保するなどの工夫をしています。
 外構は玄関への長いアプローチが特徴なのですが、工事を始めて建物周囲の土を掘ったところ、なんと、このアプローチの途中に、古い井戸があることが判明しました。
「困ったことになったね〜」 っと工事監督さん(宮建ハウジング)と設計者(宇野)が頭を抱えたところ、なんとK様ご夫妻は、「わくわくすることになってきましたね〜、是非この井戸を利用したいです!」っと非常に前向きな発想でして、さっそく練馬区に相談したところ、一定の条件を満たし、かつ、災害時などに近隣に利用を開放することを条件に「練馬区ミニ防災井戸」に指定することによって、手押しポンプ+消防ホース接続口の設備を区の費用で設置してくれることが分かり、さっそくこの指定を受けることなりました。  ・・・という訳で、K邸の門の横にはちょっとレトロな雰囲気の青い手押しポンプの井戸が付くことになりました。いやいや本当にわくわくすることになってきました。この防災井戸は普段は個人の用途に自由に使っていてよく、大地震時などの断水時や、近隣で消防活動をする際などに公共用途に提供する仕組みになっているとのことです。こういう制度は地域コミュニティーをはぐくむきっかけにもなりそうで、とても良いことだと思います。
次の大きな工程としては6月6日に上棟(建て方)の予定です。平面方向、高さ方向ともに3角形をした形状の建物なので木の架構の寸法を割り出すのが難しいのですが、3次元CADが普及したメリット活かして架構図の作製も順調にできました。
 長くなってしまいましたが、今後、工事の状況などを随時ご報告して行きます。

IMG_3191.jpg

IMG_0065.jpg

CCF20120524_00001.jpg

CCF20120524_00009.jpg

CCF20120524_00005.jpg

CCF20120524_00006.jpg

IMG_3503.jpg

IMG_0064.jpg  IMG_0075.jpg
(右)K様の現在のピアノ練習室。グランドピアノの上に模型が載っています(嬉)

IMG_0559.jpg

IMG_0569.jpg
住宅瑕疵保証の検査員による基礎の配筋検査

IMG_0697.jpg
この下に井戸があるんです




posted by GLOCAL ken-u at 08:03| Comment(0) | 練馬区桜台K邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

竣工しちゃいました(塗り壁教室〜珪藻土/フローリングDIY大会〜完成までまとめて報告)

目黒区M邸 竣工しちゃいました。
ここ2カ月、本当にいろいろと大忙しで、またもやブログを長期間さぼってしまったのですが(でもとても充実した日々だったのですが・・・)、その間にもM邸の工事は着々と・・・いやいや雨にものすごく悩まされながらも、一歩一歩進み、5月7日に検査機関の完了検査、10日に一部外構工事を残しつつもなんとかお引き渡し、11日には即お引っ越しという綱渡りで、その後約一週間を経て、外構の残工事も終わり、無事(いや〜、色々ありましたが・・・)完成しちゃいました。
まだお引っ越しの荷物整理が終わっていない状態ですが、でもでも、なかなか良い雰囲気なので、ちょっと嬉しくなっちゃって、とりあえずの完成写真をアップさせて頂いちゃいます。ちゃんとした晴れ姿の竣工写真はまた日を改めて、少し落ち着いてから撮影させて頂きたいと思います。
M様、まずは竣工おめでとうございます。そして広井工務店をはじめ、大工さんほか、工事に携わって下さった皆様、本当にご苦労さまでした。ありがとうございます。

IMG_5556.jpg IMG_5559.jpg
白壁に木製のルーバーと軒裏がいい感じのアクセントになっています。軒裏天井は当初の予定を変更して、着色をやめ木の生地の色のままにして、室内の天井との連続性を演出しました。

IMG_5531.jpg IMG_5536.jpg
2階のリビングダイニング:杉板張り勾配天井、珪藻土の塗り壁(DIY)、オスモカラー塗装(DIY)のナラ無垢フローリングなど、自然素材の質感に包まれた空間ができました。
テーマであった「光と風」を感じる住まいの狙い通り、部屋中を気持ちいい5月の風が抜け、明るい光が降り注いでいます。

IMG_5533.jpg IMG_5546.jpg
ダイニングの奥は並行アイランドキッチンとサニタリースペース(洗濯機・乾燥機)を回遊動線でつないだ家事スペース。水回り空間の床はダークブラウンのタイル張りです。乾燥機の下の収納棚の下部にはルンバステーションを設けてあり、掃除の終わったルンバ君が充電をしに帰ってこられるスペースが用意されています。本当にうまく帰ってきてくれるかな〜。
ミーレの食洗機を組み込んだ大きなアイランドキッチンはヤマハ製です。このキッチンに行きつくまで、工務店や納材店の方々には本当にたくさんのキッチンを探し検討してもらいました。・・涙涙・・、関係者の皆さんありがとうございました。結果的に素敵なキッチンになりました。

IMG_5547.jpg
玄関から正面の階段を見上げると、ガラスクリーン越しにリビングダイニングを通して明るい光が降り注いできます。杉板貼りの天井も階段からリビングダイニングへの連続しています。

IMG_5543.jpg
リビングの北側は、高度斜線制限の関係で天井がグんっと下がってきていて、TVカウンターになっています。計算通り60型の大型TVがぴったり納まり、天井の間接照明も効果的に機能しています。夜の室内の様子も是非写真に撮らせていただきたいです。なかなかいい感じなんです。

IMG_5550.jpg
地下の主寝室は11畳を超える広い空間です。奥にはウォークインクローゼットと大きな納戸があります。地下といっても、道路側とドライエリアの2方向から光が入り、風も抜けます。2階の光が燦々と注ぐ明るいリビングダイニングとは違った、落ち着いた光と影に包まれた、静かな空間ができました。

IMG_5548.jpg IMG_5552.jpg
(左)1階の洗面室:洗面台とトイレの間に仕切りをかねてタオルウォーマーを設置しています。実は洗面室の隣にもうひとつ独立したトイレがあります。ちょっと変わった間取りの並びですが、これによって2階のリビングダイニングと、地下の主寝室をそれぞれ広い空間として確保することができました。
(右)1階玄関脇のシューズクローゼットです。M邸は奥様の周到な研究に基づき、収納空間や家事空間にさまざま工夫がされており、とても使いやすい住まいになっています。(なっているはずです・・・、結果はこれから生活してみ・・・ですね)

IMG_5554.jpg IMG_5555.jpg
道路から玄関ドアへ至るアプローチ階段には、バルコニーと同じ木製ルーバーの手すりと一部目隠しが付いていて、街並みに木の質感を添えています。玄関ドアはスウェーデン製の木製防火扉です。無垢材ならではのずっしりとした重みがあります。

DIY顛末記
M邸では、2階リビングダイニングキッチンの壁の珪藻土塗りと、家中のフローリングの塗装(オスモカラー)をDIYで行いました。
フローリングの塗装はこれまでに4回(鵠沼T邸、上田市H邸、鎌倉T邸、三鷹市I邸)の実績があり、設計事務所としてもなんとかなるという自信があるのですが、今回は、新たな試みとして珪藻土の壁塗りに挑戦してしまいました。

「塗り壁教室」(4月15日)
まずは、4月15日(日)にM様ご家族と、川崎市にあるサメジマコーポレーションで「塗り壁教室」を体験してきました。教室は予約制で、新築/リフォームなど、実際に行う条件に合わせて、2時間程度で個別に具体的に珪藻土の塗り壁の方法を、かなり丁寧に教えてくれます。(興味のある方は、この教室結構お勧めです。費用も1組(家族全員)で3000円と受講内容に対してかなりリーゾナブルなところも良いです。)

IMG_0458.jpg
作業手順
@石膏ボードの継ぎ目や角、ビス頭をパテで埋める(押し込む) ⇒ A継ぎ目にファイバーテープを貼る ⇒ Bファイバーテープの上にさらにパテを幅広に塗る ⇒ Cマスキングテープを塗り壁範囲の外周部に貼って塗り壁がはみ出しても大丈夫なようにする ⇒ D珪藻土を均等な厚さ(2mm程度)に壁に塗りつける ⇒ E仕上げに好みのパターンをつける(自然なコテむら、波目模様、刷毛引き・・・)

IMG_0473.jpg  IMG_0482.jpg  
(左)ご主人さまは、珪藻土と水をミキサーで混ぜる係に決定です。めちゃくちゃ「サマ」になっているのはなぜ?
(右)練習用の壁に実際に珪藻土を塗ってみます。最初は「コテ」の扱いがちょっと難しいけど、コツをつかむとかなり楽しいです。珪藻土を均等な厚さ(2mm程度)に塗れるようになるには練習が必要です。

「塗り壁下地処理(パテ塗り、ファイバーテープ貼り)」(4月28日)
DIY本番の1日目は珪藻土塗り壁のための下地処理です。初日だったので、おそるおそる作業をしていたらアッという間に1日が過ぎてしまって、作業が終わったのは夜の7時を過ぎていました。
全員へとへとで、これから先が思いやれ、なんとなく意気消沈、前途多難な一日目でした。

IMG_0566.jpg

「壁塗り」(5月3日)
いよいよメーンイベントの壁塗り当日です。実は本当に壁塗りを自分たちだけでできるのだろうかと、とても不安に思っていたM様が、ものすごく強力なスーパー助っ人をお願いしていました。奥様のお仕事の同僚のお父様でプロ中のプロの左官屋さんに助っ人をお願いしてたのでありました。そのほかにも、奥様のご友人など、お子様も含めると総勢5人の強力助っ人軍団の登場で、前途多難な心配も吹き飛び、楽しい作業の一日になりました。・・・っといっても、難しいところは全〜部、お父様がせっせと仕上げて下さったからなのですが・・・、本当にお父様ありがとうございました。当然ではありますが、やっぱりプロを全然違います。
でもDIY軍団も、とても楽しく作業ができましたし、出来栄えもなかなか素敵な感じになりました。仕上げパタンは自然な風合いのコテ模様って感じになりました。M様のご主人さまは、雨の中、屋外で珪藻土と水をせっせと練ってくれました。こちらもご苦労さまでした。 いや〜、なんとかなっちゃいましたね〜(呑気)IMG_0592.jpg  IMG_0589.jpg

IMG_0582.jpg

IMG_0594.jpg

「床塗り」(5月4日)
DIY最終日は、いつものフローリングへのオスモカラー塗装です。
ひまわりの種の油などを天然由来の成分だけからなるオスモカラーは、健康や環境に安全なとドイツの優れた塗料です。一方、塗料がドロッとしていて、木に沁み込みにくく、乾きにくいなど、扱いにくいところも確かにある塗料です。しっかりと力を入れて床に刷り込んでゆくのがコツのようです。

IMG_0598.jpg









posted by GLOCAL ken-u at 02:23| Comment(0) | 目黒区M邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする